りゅうちんの映画っていいな5

2020年7月15日 (更新日:2020年7月22日)

今回、紹介するのは、トムクルーズが悪役を演じて話題にもなった『コラテラル』です。

引用 Yahoo!映画

これまでのヒーロー像から一転、トムクルーズが冷徹で人を殺す殺し屋を演じています。ちなみに、ジェイミーフォックスもでておりこちらは弱気なタクシードライバーを演じています。

あらすじとしては、タクシー運転手のマックス(ジェイミー・フォックス)はロサンゼルスで12年間まじめにタクシー運転手という職業をこなしていた。ある日、客として乗せた女性検事アニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)との会話をするうちにささやかだが心が通じ合い、アニーはマックスに自分の名刺を渡して車を降りる。そして次に乗せた客が5人の殺しの依頼を受けている殺し屋ヴィンセント(トム・クルーズ)である。彼にチップを渡されマックスは殺しの手伝いをする羽目になる…

まず、トム・クルーズに目がいきがちやけどマックス役のジェイミーフォックスの成長物語でもある。最初は自信のない男やったけどだんだんたくましくなってきてよかったです。

引用 読めるブログ

そんなマックスが最初に検察官のアニーから名刺を渡され微笑ましかったのもここまで、次に乗ってきたのがただならぬオーラの殺し屋ヴィンセントだからです。彼が殺した死体が上から降ってきて殺しを目撃してしまうのです。「死体を見てしまったからには付き合ってもらう」と銃で脅され、マックスは手伝いをすることになってしまいます。いや〜ついてない…

そっからヴィンセントの殺しに付き合うのですが逃げようと試みます。車のクラクションを鳴らし助けを求めますが逆にマックスの財布とヴィンセントのスーツケースを盗られます。そいつらをヴィンセントが撃ち殺します。数十億の人口の中の一人が死んだところで、大したことではないとヴィンセントの哲学炸裂!そんな中、タクシー会社のボスからマックスの母親から連絡があったと言われる。マックスは毎晩、入院している母親のお見舞いに行っていました。習慣を変えるのは良くないとヴィンセントとお見舞いに行きます。その帰りにマックスはヴィンセントのスーツケースを奪い、歩道橋から投げダメにしてしまいます。だけど結局ヴィンセントの依頼主にマックスがヴィンセントのふりをしてデータをもらいに行きます。そん時のマックスがカッケーんすわ。

さっそく次のターゲットの韓国マフィアのクラブへ行きヴィンセントが大暴れですわ見事にターゲットを始末します。ここでトムの華麗なアクションが炸裂!

引用 映画.com

この後車内で2人は口論になりマックスは殺しをやめさせるために意図的に乱暴運転をします。思いっきり事故ってヴィンセントは最後のターゲットを殺しに走っていきます。マックスはトランクに隠していた最初の死体を見られ逮捕されそうになるのですが最後のターゲットが最初に出会った検察官のアニーなんです。それを知ったマックスがアニーを助けに行きます。

引用 マープルのつぶやき

アニーと逃げようとしますが執拗に追ってくるヴィンセントしつこすぎて心臓ドキドキでしたわ地下鉄に逃げ込みなんとかヴィンセントに致命傷を負わせます。

引用 おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー

よろめいたヴィンセントは座席に座り込みタクシーに乗り込んだ時に自らがマックスに語って聞かせたように、死んだことを誰にも気づかれないロサンゼルスの地下鉄で息をひきとります。

引用 おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー

そして夜が明けマックスとアニーは地下鉄を降ります。